Memory Tickler

日々の生活の備忘録、語学などの勉強記録です。

多言語学習者のための教材 : 東外大言語モジュール

言語学習者におすすめの教材「東外大言語モジュール」

言語学習者の間では有名な教材ですが、東京外国語大学が公開しているサイトで

「東外大モジュール」という優れた教材があります。

 

このサイトでは下記26カ国語(日本語除く)の発音、会話、文法、語彙を学ぶことができ、各言語の重要事項をほぼカバーできます。(言語によっては項目がないものもあります。)

さらに地域差のある言語についても情報が網羅されてます。

例えば、英語だけでもアメリカ英語、イギリス英語、オーストラリア英語、カナダ英語などなど!

東外大モジュールで学べる言語 ざっと26カ国語!

 

メジャーな言語

・英語(アメリカ英語、イギリス英語、オーストラリア英語、カナダ英語、ニュージーランド英語、シンガポール英語)

・ドイツ語(ドイツ語、ウィーンのドイツ語、チューリッヒのドイツ語)

・フランス語(フランス語、ケベックのフランス語、スイスのフランス語、南仏のフランス語)

・イタリア語

・スペイン語

ポルトガル語ポルトガルポルトガル語ブラジルポルトガル語

・ロシア語

・中国語(普通語、北京の中国語、蘇州の中国語、台湾の中国語)

 

準メジャーな言語

朝鮮語

アラビア語(フスハ-、エジプトのアラビア語、シリアのアラビア語

 

マイナーな言語

ポーランド語・チェコ語インドネシア語・マレーシア語・フィリピノ語

タイ語ラオス語・ベトナム語カンボジア語ビルマ語・ウルドゥー語

ベンガル語モンゴル語・ペルシア語・トルコ語

 

IPAモジュールがすばらしい

このサイトの各言語のモジュールは、初学者に非常に適した優れた内容なのですが、

さらにすばらしいのが、IPA(国際音声字母)に関するモジュールです。

 

IPAとは「世界中のすべての言語の言語音を、同じ基準で記述することを目的として制定された」分類なのですが、各国の様々な発音を学ぶ学習者にとって、正に多言語をマスターするためのツールといっても過言ではありません。

IPAを理解すれば、どんなに複雑な発音も網羅できるようになります。

IPAに関しては、個人的には東外大のIPAモジュールが最も分かりやすいと思います。

 

まとめ

学びたい言語があるなら、まず東外大モジュールでその言語の体系をざっと見てから

取り組むと理解が進むかもしれません。

私自身、このサイトは非常に活用させてもらっています。